獲って獲られて獲っての乱打戦!

2 - 1

ベガルタ仙台

ベガルタ仙台

清水エスパルス

清水エスパルス

中断明けの勝利は大きい

下位対決で、スタートは4-4-2で相手が、3バックとミラーにはならない形でスタート、そうした意味で前半は手倉森さんの試合巧者ぶりが発揮された展開で、前半は手倉森さんのやり方がはまっていた面はある。

しかし、隙を突いて鈴木唯人が今シーズンと言うよりもJ1リーグ初の得点ということで、幸先の良いスタートだった。

実際、ベガルタ仙台に押し込まれたのはイージーなミスを自分たちでしてしまい、相手にセットプレーのチャンスを与えた結果であり、それは後半の失点も同じで、跳ね返したけどセカンドボールを拾われて決められる、セットプレーへの耐久度の低さが出てしまった。

これは、懸案として言われ続けているプレーなので、跳ね返したあとのセカンドボールの処理をどうするか、ただ、跳ね返すのではなく、次につながる守備で跳ね返すプレーが今後は求められる。

2021/06/23 清水エスパルススターティングメンバー
2021/06/23 清水エスパルススターティングメンバー

後半はミラーゲームに

1-1で折り返しになってからは、ゲームも膠着して、結果ベガルタ仙台は、清水エスパルスの厚い守備を崩すことができずに、試合を経過させてしまい、後半となったわけだけど、清水エスパルスが後半の入りから3バックにしてミラーの形に修正をしてきた。

その結果、ハイプレスがはまるようになり、後半の入りで鈴木唯人が1対1に持ち込んだり、中山のサイドからの崩しなども効果的に効くようになった。

選手交代もあり、ディサロが入って来て、膠着状態が続いて、一進一退の攻防をしていたわけだけど、コーナーからのセットプレーからのこぼれ球で、セカンドボールを竹内が拾って中へロビング気味のハイボールを蹴り入れて、旨くオフサイズを交わしていたディサロの前にボールがこぼれて、ヘディングで流し込んで1点。

こちらのディサロの得点もJ1リーグ初得点ということで、非常に明るい材料になる得点となった。

しかし、ベガルタ仙台がコーナーからのセカンドボールを拾って、ミドルでゴラッソゴールを決めて同点とされて、万事休すと思ったところへ、エースのサンタナが得意の反転からのシュートで、ゴール左角に突き刺し変えすことで、ゲームを決めてくれた。

得点欠乏症の中で苦しんできた試合ばかりだったが、キチンと3得点とって、セットプレーからの失点はいただけないが、決めきっての試合がようやくできた試合で、且つ下位の直接対決という事もあり落とせない試合だっただけに今日の勝利は大きな果実となって、清水エスパルスに実りをもたらしてくれるだろう。

次も同じく下位の横浜FCが相手なので次節も是非、勝利を見たい。



一番上へスクロールするボタンを有効または無効にする